忍者ブログ
[511]  [510]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [500]  [499]  [498
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MVA CNC PORTED HEADにはACR(オートマチックコンプレッションリリース)用の
取り付け穴が付いてますことは、前回お知らせした通りです。

写真にもその穴げな所が載ってますので、軽く説明します。



燃焼室側に変なボルト穴げなのがあるのは判りますでしょうか?



詳しく指すと、↑になるんですが、
普通のヘッドはこの場所にそういうボルト穴は存在しません。
これがACR用の取り付け穴になります。(ヘッドの中央ぐらいですね)
この穴が付いてる物はACRに対応していると思って良いでしょう。

ちなみに、MVA CNC PORTED HEADはHTCCのバージョンアップ版です。
型番も年式を示す08以外は一致してますし、外観も同じです。
(MVA:16925-08 HTCC:16925-02B)


で、なにも考えずACR付くかなと思っていたんですが、
担当M氏の報告でどうも一筋縄ではいかんことが判りました。

ACRの制御には、
インジェクション用のコンピュータの出力情報が要るようです。

いっそのことインジェクション化も思ったんですが、
せっかくのキャブ車なので
インジェクションにしてしまうのももったいないですし、
仮にインジェクション化したとしても、
かなり面倒くさいことになってるみたいです。

ということで、ACRは素直にあきらめました。
マニュアルコンプ穴は付いてないので、
こいつに穴開けるSSTが必要になります。

コンプレッションリリースが要らない位、
デフォルトの圧縮比(ノーマルより低い8.5:1ぐらい)は下げるつもりですが、
念のためというか、
手動で出来る仕組みの方があってるのでこっちを選ぶつもりです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[10/12 雲丸]
[06/19 雲丸]
[06/18 マイスターフォ-ク]
QRコード
お天気
管理人にメールしてみる
ただいまの走行距離
点取り占い
点取り占いブログパーツ
忍者ブログ [PR]